引退の3年生に恒例の色紙を贈呈

色紙を送られた3年生と長崎さん
色紙を送られた3年生と長崎さん

神奈川独自大会で健闘およばず、「特別な夏」に幕を下ろした翌日、高校10回卒業の長崎隆則氏から、3年生選手10名とマネージャー2名に、恒例の色紙が贈呈されました。例年6月の第一日曜日に開催される、OB会総会後の「現役激励会」にて3年生一人ひとりにエールとともに送られるものですが、今年はコロナウイルスの影響で激励会も中止、「自分も色紙をいただく時が来たか」と、3年生が感慨とともに気を引き締めるイベントもできませんでした。

今回は、「夏の大会」に向けてではなく、「これからの人生」に向けてのエールとなりましたが、3年生一人ひとりの胸に残ることでしょう。長崎先輩、本当にありがとうございました。

この模様は、読売新聞の取材を受け、8月15日の紙面に大きく取り上げられました。また、保護者会の方々からも御礼の声が寄せられています。

既に次の進路に向かって猛勉強の日々となっているであろう3年生。この色紙を部屋に飾って眺めつつ、来春にはサクラを咲かせてください。

2020年度 神奈川県高校野球独自大会開催

「この夏を忘れない、君たちを忘れない」 高校73回選手とマネージャー
「この夏を忘れない、君たちを忘れない」
高校73回選手とマネージャー

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、中止を余儀なくされた第102回全国高校野球選手権神奈川大会に代わり、173チームが参加して神奈川独自大会が開催されました。

8月1日に開幕、我等が野球部は、8月4日に予定されていた初戦(2回戦)は、相手校浅野高校が直前になってウイルス感染悪化を理由に参加を辞退、不戦勝となりました。3回戦は8月9日横須賀スタジアムにて桐蔭学園との対戦。浅野高校ナインの無念さも背負い、エース清水悠希君が2回までを無失点に抑え、序盤を1対0でリード。その後、底力を見せた桐蔭学園に逆転を許して力及ばず、9対2でゲームセットを迎えましたが、失策ゼロで堂々とした戦いぶりは、翌日の朝日新聞・神奈川新聞でも大きく取り上げられました。

苦難に満ちた半年間。しかしこのチームは、主将佐伯匠斗君を中心にまとまり、逆境にもめげず誇り高く戦い抜きました。高校73回の3年生、10名の選手と2名のマネージャー、本当にありがとうございました。皆さんの野球に対する、チームに対する思いは、必ず後輩たちに引き継がれていくことでしょう。支えてくださった臼井先生・吉水先生、また保護者会の皆様にもこの場をお借りして御礼申し上げます。

新チームは2年生17名+マネージャー1名、1年生11名+マネージャー1名の、総勢30名で新しいページを開いていきます。まだ収束が見えないコロナ禍ですが、OB会員におかれましては、お身体ご自愛の上、引き続き我等が野球部へ思いをお寄せください。

OB会からピッチングマシンを寄贈

OB会からピッチングマシンを寄贈

今年1月に、野球部が従来使っていたピッチングマシン2台のうち1台が故障、経年もあり修理での回復は困難と判断、春の大会に間に合わせるべく急遽OB会で発注し、3月に納品されました。これには、緊急時にOB会執行部判断で出金できる規定により、積立金を取崩して対応いたしました。長年にわたるOB会会員皆様のご協力の賜物です。ありがとうございました。

せっかく納品された新マシンは、新型コロナウイルスによる休校のため倉庫で眠り続けました。そして部活動が再開された7月上旬、ようやくマシンは唸りを上げ、グランドに快音が響いたとのことです。翠嵐打線のパワーアップにつながって欲しいものです。

2020年度OB会総会は中止、決算・予算は郵送にて承認

毎年6月に母校で開催しているOB会総会は、コロナ禍の中、中止させていただきました。一方、2019年度決算案と2020年度予算案は、537名の会員に送付、承認・非承認を返信用はがきでお寄せいただきました。その結果、ちょうど100名の承認をいただき(非承認はゼロ)、両案とも決定とさせていただきました。ありがとうございました。

また、多くの方々から頂戴した現役選手諸君への激励メッセージは、顧問の先生を通じて伝えていただき、野球部のホームページにも掲載されています。(下記参照)

いつも思いをお寄せいただいているOB会会員の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

https://www.pen-kanagawa.ed.jp/yokohamasuiran-h/zennichi/seikatsu/bukatu/yakyuu/message1.html