第101回 夏の神奈川大会 組合せと日程が決まりました

新しい時代令和のスタートと新世紀が偶然にも重なった、第101回全国高校野球選手権大会神奈川大会の組合せ抽選会が6月8日に行われ、母校の日程が下記の通り決定いたしました。

37名の現役諸君には、夏の舞台の本番に向け、このチームでの最後の1ヵ月間、毎日毎日を大切に過ごしていただきたいものです。

OB・OGの皆様は是非応援席から、控え選手・一般生徒・保護者会の方々とご一緒に熱い声援をお送りいただき、「〽美なりや翠嵐…」を高吟いたしましょう。球場へのアクセスは下記をご覧ください。特に「小田原球場」は御殿場線の本数が少ないのでご注意ください。

球場へのアクセス⇒こちら

また季節柄、雨天順延などによる日程変更がありますので、「高野連HP」や「高校野球ステーション」をご確認ください。

それでは、スタンドでお会いしましょう!

2019年度 OB会総会・現役激励会 開催

OB会総会・現役激励会

令和になり初めてのOB会総会と現役激励会が、6月2日(日)に母校で開催された。総会前にグランドで行われた練習試合対新羽高校戦を観戦・応援の後、翆翔みらい館に集合、開会となった。

総会は、高校10回から43回卒業生までの会員30名が参加、副会長25回芝崎晴男の進行で、ご臨席いただいた篠塚弘康校長先生はじめ、監督臼井浩人先生、顧問の吉水浩太先生、保護者会会長の柏原充宏様からもお言葉を頂戴した。この場をお借りして御礼申し上げます。

この1年間にご逝去されたOB会員への黙祷の後、議事に入り、昨年度今年度の事業と、会計43回山本美登から報告された昨年度決算、今年度の予算も原案通り可決された。今後の展望として、OB会最大の課題「世代間交流」を進めて行くことが発表され、その第一弾としてOB会制作の「選手名鑑」が配布された。現役の顔・背番号・ポジション・出身中学を覚えて応援しようという目的で、保護者会から提供を受けた顔写真と選手コメントをレイアウトしている。また、夏の大会後におこなわれる3年生送別試合の際に、OB参加のゲームなどを企画し、この課題に向かっていこうという思いを共有した。

学校食堂での激励会は副会長38回和気智宏の進行により、会長24回白倉仁の挨拶でスタート、13回後藤忠良の音頭で乾杯。食事をいただいた後、5年前発刊された「野球部80年記念誌」の編集主幹を務めた元副会長16回城戸享と、30年前に東京大学野球部の主将だった37回町永智丈から、現役諸君に激励の言葉が送られた。

今年は女子マネージャー1名を含む1年生18名が入部、一気に倍増した総勢37名の現役部員の自己紹介に続き、臼井監督は、「スタンドで校歌を歌っていただくことでしか、OBの皆さんへの恩返しはできない」と感謝の思いを語られた。最後に3年生7名一人ひとりに、毎年恒例となっている、10回長崎隆則から記念の色紙とエールが贈られ、「〽美なりや翠嵐・・・」と校歌斉唱、全員夏の大会への思いを胸に幕を閉じた。

新たな世紀を迎える101回大会は、今週の土曜日(6/8)に組合せ抽選、7月7日(日)の開幕まではや1ヵ月となった。

小嶋、見事にベスグロ優勝!第21回親睦ゴルフ大会を開催

平成最後の、2019年春の大会が「千葉夷隅ゴルフクラブ」西~東コースで、4月11日に開催された。前日は激しく冷たい雨の一日だったが、当日は一転見事な青空の元のラウンドとなった。優雅に満開の桜を愛でながらと思いきや、10メートルを超える強風の中、5回から38回卒業の21名は、右往左往に周章狼狽、「どのホールに行ってもアゲインストだ」とのボヤキが聞こえた。

結果は、29回小嶋がベスグロ優勝という2冠を見事に獲得。本人はラウンド後すぐに歯科医師会の集まりに向かい、表彰式はチャンピオン不在で執り行われた。準優勝の16回二川と3位の14回杉山が、ニアピンとドラコンを1ホールずつ獲得、存在感を示した。

出場選手は以下の通り。5回:石川/10回:長崎/14回:杉山/16回:杉浦・城戸・二川・大谷(光)/17回:神谷・長倉/18回:中尾/20回:佐々木/24回:白倉/25回:芝崎/27回:大谷(利)/29回:小嶋・栗木/30回:藤枝・金原/33回:高橋/38回:和気・吉田

次回、令和最初の秋の大会も千葉夷隅ゴルフクラブで11月7日(木)に開催することが決定。出場のご希望などは、野球部ページトップの「野球部OB会へのご連絡・お問合せはこちら」からお願いします。

2019年 OB会新年会開催

2019年 OB会新年会

新春恒例の野球部OB会新年会が、1月20日(日)、「北海道」横浜天理ビル店で開催された。当日は、高校5回から高校43回卒業までの38名が参集し、賀詞交換をおこなった。

会長24回白倉の年頭挨拶に続き、今回初めてお声がけした、現役キャプテンの父君で、野球部父母会会長柏原様から、日頃のOB会によるサポートについての御礼などご挨拶を頂戴した。そして、高校5回石川均による乾杯の発声で開宴。

「あの時、お前に一発出てれば」「いや、サイン見落としたのは誰だっけ?」などと、50年以上も前の試合の経過で盛り上がったり、かつての学生監督を教え子が車座になって囲んで酌み交わすなど、年に一度の風景が繰り広げられた。

前任杉浦会長時から5年にわたり副会長職を務めた29回小嶋がこのたび退任となり、OB会からの記念品の贈呈がおこなわれ、喝采を浴びた。本当にご苦労様でした。

最後に副会長23回芝崎の音頭により、母校野球部・翠嵐高校の躍進、そしてOB諸兄姉のご健康を祈念して三本締めでお開きとなり、三々五々、平成最後となる新春の街へ繰り出して行った。

*なお、新年度野球部OB会総会は6月2日(日)に母校で開催する予定です。あらためてご案内をいたしますので是非ご参加ください。