3年ぶり「美なりや翠嵐」!応援ありがとうございました

第104回全国高等学校野球選手権神奈川大会

3年ぶりにほぼ制限のない開催となった第104回全国高等学校野球選手権神奈川大会が、170チームの参加により7月9日に開幕いたしました。

我が母校野球部は、7月14日、いせはらサンシャインスタジアムで、1回戦を勝ち上がってきた県立城郷高校との今夏の初戦を迎えました。木村颯太君の熱投とバックの堅守で1失点に押さえる一方で、こちらも初回の佐藤大地君の先制タイムリー後は相手エースに手こずっていました。重苦しい展開の中、ついに8回裏、松田悠希君が仕掛けた果敢な三盗に相手捕手が動揺の低投、松田君が生還して2対1で勝利いたしました。コロナ対策として録音テープによるものとはいえ、3年ぶりに「美なりや翠嵐」がグラウンドに流れ、スタンドに詰めかけたOB/OGは口パクで合わせながら感動を噛みしめました。

3回戦は7月17日、藤沢八部球場で、強豪第3シードの県立相模原弥栄高校との顔合わせとなりました。翠嵐投手陣、先発は林慧太君、3回から2年生左腕石田航生君へリレー、必死に防戦するも、徐々に相手の打線が力を発揮、最後は島瀬大誠君が締めるも、合計10失点。5回表は2年生大迫広明君の見事なレフト前ヒットが出るも、後続を断たれてゲームセットとなりました。この日は日曜日でもあり、スタンドには高校7回卒業の小川・小林両大先輩から今春卒業の74回まで、50名を超えるOB/OGが詰めかけました。また現役にとどまらない保護者会の方々、ブラスバンドを始めとした現役生徒の皆さんから多くの声援をいただき、現役諸君は、この環境で大好きな野球をできる幸せを感じたことでしょう。

高校75回10名の皆さんは、入学時からずっとコロナに悩まされながらも、最後の夏までチームを牽引、我々は3年ぶりの校歌を聞くことが叶い、本当に感謝しております。また同時にそれを支えてくださった保護者会の皆様、お疲れ様でした。今後は「勉強漬け」の日々が始まるかと思いますが、ひとまず少しはホッとしてから、新しいステージへ向けて奮闘してください。きっと皆さんなら乗り越えて行かれることでしょう。来春、新OB会メンバーとしてお迎えするのを楽しみにしつつ、新チームに期待を寄せ、大きな声援を送り続けたいと思います。

末筆になりましたが、ご指導くださった臼井先生・吉水先生、ありがとうございました。

第104回 夏の神奈川大会 組合せと日程が決まりました

一昨年は中止、昨年は観客数制限があった夏の甲子園神奈川大会は、今年、声を出しての応援禁止などの規制はあるものの、3年ぶりに観客数無制限で開催されます。その組合せ抽選会が6月11日におこなわれ、我野球部は下記の通りに対戦相手と日程が決まりました。

現役は3年生10名+2年生12名+1年生12名の34名で、今なお校舎の耐震工事によりグラウンドが半分使えない中、吉水監督・臼井先生のご指導の下、懸命に練習に励んでいます。

3回戦以降の日程は後日の発表、また季節柄、雨天などでの予定変更も想定されますので、今後の報道をご確認いただき、是非スタンドでお会いいたしましょう。祈健闘、翠嵐健児!

第104回 夏の神奈川大会 組合せ

2022年度OB会総会のリアル開催は中止、決算・予算が郵送にて承認されました

毎年6月に母校で開催しているOB会総会は、未だ収まりきらないコロナの状況により、一昨年度昨年度に続き中止させていただきました。その旨、506名の会員の方々へ郵送にて5月にご連絡、また同時に、2021年度決算案と事業報告、2022年度予算案と事業計画についてお諮りいたしました。6月15日迄に96通が返信され、すべての議案について全員からご承認をいただきました。ご協力ありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。なお、今年度も12通の「転居先不明」による戻りがありました。お引越しの際にはこの「クラブだより」の「野球部OB会への連絡はこちら」からお知らせください。

多くの皆様から頂戴した現役選手諸君への激励メッセージは、顧問の先生を通じて伝えていただきました。また、高校4回の岩壁貞利先輩と大原正義先輩のご逝去の報をご家族よりいただきました。心からご冥福をお祈り申し上げます。

上記にお知らせした夏の神奈川予選に是非ご注目いただくとともに、OB会会員の皆様には、現役諸君へのエールを送り続けるため、今年度も引き続きなにとぞよろしくお願いいたします。

最後になりましたが会員諸兄姉のご健康をお祈り申し上げます。

新チーム始動、春の県大会に出場!

高校74回16名の皆さんが卒業され、新チームが始動しました。新3年生10名、新2年生12名(うちマネージャー2名)は、3月26日に開幕したブロック予選(横浜北・川崎地区)を不戦勝もあったとはいえ見事に突破し、春・秋では7大会ぶりの県大会に進出しました。

県大会では横浜清陵高校と対戦、安打数で上回るものの失策がそのまま失点に直結、8対15で敗れました。あわやコールドゲームのピンチとなった7回裏に意地の5点を奪取した打線には力があり、ディフェンスを鍛えてこの夏に臨んで欲しいものです。

また、新1年生は11名(うちマネージャー1名)の入部となり、1学年10名という、チーム作りには理想的な構成となり嬉しい限りです。今春、野球部からは現役で5名、浪人で1名の東大生が誕生、こういった素晴らしい実績が新入部員の励みになっているのではと、OB/OG達は驚いたり喜んだりという次第です。

夏の甲子園大会は一般有観客での開催が発表され、あと2ヵ月余りとなった神奈川大会開幕へ向け、コロナウイルスの沈静化を願うばかりです。夏のスタンドでお会いしましょう!