理事は翠嵐会 会則第6条2項により、翠嵐会役員として各卒業回から若干名が選出される。同じ卒業年であっても全日制卒業回、定時制卒業回はそれぞれ同期として定数枠をもち、独立して選出される。

第1条 理念

理事は各卒業回の同期を代表する者であって、同期以外の役員、学校、その他いかなる者から任命されるものでなく、本規定第5条に該当する場合を除き、解任されるものではない。

第2条 役割

理事は翠嵐会との連絡役を担い、年1回開催を基本とする役員会に参加することで、翠嵐会運営の審議、議決に参する。

第3条 選出

卒業時に学校より推薦を受け、了解のもと理事に選出される。

卒業後にあっても同期の推薦又は自薦の上、理事に就くことが出来る。

理事資格の適合性については、同期の中で解決する。

但し、卒業後の就任については翠嵐会事務局に届け出を必要とする。

第4条 辞退

理由如何を問わず、いつでも辞退することが出来る。

但し、同期の中から他の理事を立てるよう努力する。また、辞退については翠嵐会事務局に届け出を必要とする。

本人死亡、長期療養など家族からの届け出、又は明らかに死亡事実が判明した場合は、辞退となる。

第5条 解任

長年に渡り、所在確認が出来ない理事又は翠嵐会の秩序をみだしあるいは本会の目的に反する行為をした者については、役員会で確認・承認された場合において、解任することが出来る。

第6条 定員

各卒業回若干名の解釈については全日制、定時制それぞれ2名から卒業時クラス数に当たる数名までとする。如何なる理由においても定員を超える理事は登録できない。

第7条 役員名簿の公開

氏名を除く個人情報を含む役員名簿は発行・配布しない。

翠嵐会員にのみ知り得るパスワードにより閲覧できる翠嵐会ホームページにおいて、役員名簿として、卒業時の姓・名を掲載する。

希望する理事にのみ、印刷した役員名簿を送付する。

第8条 連絡手段

翠嵐会から理事への連絡は電子メール・ホームページを基本とする。

希望する理事にのみ、印刷した案内を送付する。

第9条 特典

翠嵐会新年会の案内状を送付する。

付 則

1. 本翠嵐会内部規則は平成23年4月1日より施行する。