稲垣 三郎(いながき さぶろう)

画家 / 本名:稲垣 三郎 / 卒業回:高9回

プロフィール

横浜市立南中学校より、翠嵐高校、東京芸術大学・美術学部に学ぶ。
20代前半より制作活動を始める。第1回個展(1964年)、日本画系美術家集団「62層」の「62層展」、「日本現代美術展」、「山種美術館賞展」などに出品。

1979年「墨絵展」に出品を契機に水墨作品に移行、現在まで各年の同展出品を中心に水墨による現代表現を追求。1998年以降、東京、愛知県佐久島、横浜(横浜本町画廊)、金沢などで個展。共同通信社に勤務(1961~98)。この数年現代表現のかたわら「河童絵」の制作にもたづさわる。


コメント

我が母校出身の最高の芸術家の一人である。横浜市立南中学校より、翠嵐高校、東京芸術大学・美術学部に学ぶ。
20代前半より制作活動を始める。第1回個展(1964年)、日本画系美術家集団「62層」の「62層展」、「日本現代美術展」、「山種美術館賞展」などに出品。

1979年「墨絵展」に出品を契機に水墨作品に移行、現在まで各年の同展出品を中心に水墨による現代表現を追求。1998年以降、東京、愛知県佐久島、横浜(横浜本町画廊)、金沢などで個展。共同通信社に勤務(1961~98)。この数年現代表現のかたわら「河童絵」の制作にもたづさわる。