音フェス104 開催のご案内

開催日時:2019年02月10日(日)

翠嵐創立100周年記念音楽会をきっかけに始まった「翠嵐・音フェス」
「104」は翠嵐創立104年を意味しています
世代を超えた卒業生のグループによる音楽会に
お誘い合わせのうえ、お気軽にご来場ください

開催目的
翠嵐会会員の世代を超えた音楽による交流を目的としています
企画内容
卒業生が演奏を披露し聴くために集うコンサート
主  催
神奈川県立横浜翠嵐高等学校同窓会 翠嵐会
(音楽委員会・音フェス104実行委員会)
開催日時
平成31(2019)年2月10日(日)
13:00開場/13:30開演予定/16:30終演予定
(出演団体多数につき終演時刻は遅延することがあります)
会  場
関内ホール (小ホール) 
JR関内駅北口改札徒歩5分・市営地下鉄関内駅9番出口そば・みなとみらい線馬車道駅5番出口近く MAP
入場料金
無料
来場資格
卒業生に限定せず、どなたでもご来場いただけます
未就学のお子様もご入場いただけます
(客席が騒がしくなる場合もありますので予めご了承ください)
定  員
250名 申し込み先着順とさせていただきます
申し込み
お申込みフォーム(ここをクリック)にてお申し込みください
返信メールの画面またはプリントを「入場証」とします
満員でない場合に限り当日会場での申し込みを受け付けます
交 流 会
終演後、横浜ビール「驛の食卓」にて、出演者・観覧者による交流会を開催しますので、是非ご参加ください。(参加費:4000円)

出演団体のご紹介

出演団体等は変更になることがあります (写真は音フェス102、音フェス103、その他から)

りさの会(初出演)

山本恭子(高19回卒)が主宰する「りさの会」による邦楽の世界!
箏ニ面と尺八一管の演奏をお楽しみください。

サックスアンサンブルの会

世代も音色も音楽性も異なる4人が、サックスにはいろんな種類があっていろんな音がするんだということをお伝えします。

かもめの会

翠嵐の音楽部OB・OGから成る合唱団です。少人数ならではのハーモニーを楽しみながら和気あいあいと活動しています。 派手ではありませんが精一杯歌います。

傷だらけの駄天使たち

高34回および35回卒業の吹奏楽部と弦楽合奏団のメンバーを中心に活動しています。

SLAP (Shadow & Light Assemble Party)

高42回〜49回卒業の吹奏楽部OBOGで結成。 ジャズをベースにした管楽器サウンドに三味線が加わった独特のコンビネーションが持ち味です。

夢幻華紋

二人の共同プロデュースで結成されて7年。フルメンバーでの機会がないので、今回は琴古流尺八大師範三橋貴風と作曲家/プロデューサー手使海ユトロの二人のみで出演します。

翠嵐ギターアンサンブル

翠嵐OBのプロギタリストたちがお送りするギターアンサンブル。音フェスでしか聴けない、極上のサウンドをお楽しみください。

トリオ・メンタイコ

在学時には校舎の廊下でバッハを演奏していたチェリスト 石黒豪と公務員 田中賢、そしてピアニスト兼会社員の本間久美子が、結成した45回卒3人の同級生トリオ。

TATEBUE(初出演)

横浜翠嵐OBOG吹奏楽団からスピンオフしたクラリネット6重奏です。

横浜翠嵐OBOG吹奏楽団

2007年に設立した翠嵐高校吹奏楽部OBOG有志で構成される吹奏楽団です。地域の文化イベント参加や、演奏会の開催などの音楽を通じた活動をしています。

Metamorphose(メタモルフォーゼ)

翠嵐高校創立100周年記念演奏会で一堂に会したOBOGのプロ演奏家によって2016年2月の「音フェス101」を機に結成されました。