2年連続の初戦突破!応援ありがとうございました

応援
スタンド応援風景(大和スタジアム)

新時代令和に新世紀101回目を迎えた全国高校野球選手権神奈川大会が、181チームの参加にて7月7日に開幕いたしました。

我が母校は、7月11日小田原球場で、対神奈川総合産業高校(旧相模台工業高+旧相模原工業技術高)との1回戦を迎えました。初回こそ先制点を逃したものの2回から打線がつながり、12安打を放って6回まで毎回の計12得点。特にキャプテン柏原君は、3ランホームランを含む3安打4打点と、見事にリードオフマンの働きを見せました。投げてはエース北川君が6回を散発4安打、13奪三振の力投で1失点に抑え込み、6回コールドゲーム。「美なりや翠嵐」を高吟することができ、遠路小田原球場まで駆けつけたOB達は、その甲斐があったと祝杯を挙げました。

続く2回戦は7月14日、午前中の天候不良を見越した変更により、2時間遅れの15時半過ぎに大和スタジアムでプレーボール。相変わらず低く立ち込めた雲から時折雨が落ちてくる中、瀬谷西高校に初回1点を先行されながら、その後再三のピンチを凌ぎつつ得点機を伺う我らが健児。しかし相手校のエースを中心とした堅守にことごとくチャンスの芽を摘まれていく一方、5回に2点、6回に5点を失い、万事休す。点灯されたカクテル光線の中、今年の夏は幕を閉じました。

挨拶
試合終了後の挨拶(大和スタジアム)

7名の3年生は高校72回、ここ8年間で最も少人数の学年で、昨秋と今春の県大会地区予選を観戦したOBからは「今年は厳しそうだ」との声もありました。しかし、2年生10名+マネージャー2名に、新1年生17名+マネージャー1名が入部した効果もあってか、限られた練習時間の中で、春からチーム力が格段に向上したようです。

3年生諸君と3年生の保護者の皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。今後は厳しい「勉強一途」の日々が始まりますが、きっと皆さんなら乗り越えて行かれることでしょう。来春、新OB会メンバーとしてお迎えするのを楽しみにしつつ、レギュラーから4人残った2年生を中心とした新チームに期待を寄せ、大きな声援を送り続けたいと思います。

末筆になりましたが、ご指導くださった臼井先生・吉水先生、今年も校歌が歌えました。ありがとうございました。