2年ぶりの初戦突破!応援ありがとうございました

第100回記念 全国高等学校野球選手権大会は、南北神奈川に分かれ、7月8日に開幕いたしました。
わが母校は97校94チーム(一部合同チーム)の北神奈川大会に参戦、横浜サイエンスフロンティア高校(横浜市立)との1回戦が、7月12日(木)に保土ヶ谷球場でおこなわれました。
前半3回表までに4対0とリードを奪われるという予想外の展開に、「まさか…」との声がスタンドでも聞かれましたが、中盤から立ち直った投手陣に応えるように、5回裏に集中打で逆転、8回コールドゲーム12対5で2年ぶりの校歌高吟となりました。
2回戦は7月14日(土)伊勢原球場にて、横浜ナンバースクール同士としてOB会も交流がある、宿敵希望ヶ丘高校戦。
両校投手陣の力投の中、少ないチャンスを生かした希望ヶ丘に対し、翠嵐はあと1本が出ず、7回終了時で3対0とリードを許します。
そして8回表、ついに打線が爆発、4本の連続長短打で一気に4対3と逆転!2年ぶりの3回戦へあとアウト6個、と盛り上がったのですが…。
8回裏に四球・安打にエラーも絡んで再逆転を喫し、残念ながら8対4で今年の夏は閉幕しました。
しかし、県の「学力向上進学重点校」として部活動週休2日を守りつつ、「文武両道」を貫く選手諸君の健闘は実に称えられるべきで、3年生は来春の「サクラサク」に向け、また1-2年生は新チームでの出発へ、引き続き奮励努力していただけることと思います。
2試合ともに、高校5回から今春卒業の70回まで、少なくとも40~50名のOB・OGが、猛烈な暑さの中スタンドから懸命の応援を送ってくださいました。
特に今年は、野球部以外の先輩方も多くお越しいただいたようです。皆さんありがとうございました。
ブラスバンドや学生服をまとった有志応援団、一般学友の皆さん、また臼井監督をはじめ顧問の先生方、そして選手諸君を常にあたたかく支えてくださった父母会の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。美なりや翠嵐。